Hacker Sheetについて

Hacker Sheetをつかうと、より手軽にGitHubでのメモ管理ができるようになります。

GitHubでのメモ管理とは❓

テキストファイルをGitHubのリポジトリに保存しておくことで、ブラウザでの閲覧が可能になり、編集の履歴も残る、便利なメモ管理方法のひとつです。

Vim、Visual Stadio Codeなどの使い慣れたエディタで、Markdown形式のファイルを編集可能な点が大きなメリットです。

このようなメモ管理をより手軽で便利にするために、Hacker Sheetには次のような特徴があります。

サービスの特徴✨

シンプルな個別ページ📄

このページもGitHubで管理しているので、個別ページを見てみましょう。

メモを見るという点では不要なメニューなどがあり、ごちゃごちゃしていますが、Hacker Sheetでは、このページのようにシンプルな個別ページとなるため、内容だけに集中できます。

ダグで整理🏷

ファイルの先頭にFront Matterで指定しておくことで、Hacker Sheet上でタグによる検索ができるようになります。

簡単に修正✏️

Hacker Sheetに簡易なMarkdownエディタが備わっており、編集するとGitHubへプッシュされるため、ファイルを保存してからadd、commit、pushといった操作が不要になります。

ちょっとした修正だけなら、スマホから行えます。

サンプル

Hacker Sheetで個人開発のためのTips・チートシート集を作っているので、ご覧ください。